ホースシャンクアダプター(オス×タケノコ),50A,2インチ,【10個セット】レバーカップリング,/integralization2492308.html,9177円,花・ガーデン・DIY , ガーデニング・農業 , 散水・潅水用具 , 蛇口ニップル・散水コネクタ,マックスロック,全品業界最安値を目指します!,カムロック,ポリプロピレン製,basicbooks.hu 全品業界最安値を目指します 10個セット レバーカップリング 2インチ 50A カムロック ホースシャンクアダプター 早割クーポン マックスロック オス×タケノコ ポリプロピレン製 9177円 全品業界最安値を目指します! 【10個セット】レバーカップリング 2インチ 50A ホースシャンクアダプター(オス×タケノコ) ポリプロピレン製 マックスロック カムロック 花・ガーデン・DIY ガーデニング・農業 散水・潅水用具 蛇口ニップル・散水コネクタ ホースシャンクアダプター(オス×タケノコ),50A,2インチ,【10個セット】レバーカップリング,/integralization2492308.html,9177円,花・ガーデン・DIY , ガーデニング・農業 , 散水・潅水用具 , 蛇口ニップル・散水コネクタ,マックスロック,全品業界最安値を目指します!,カムロック,ポリプロピレン製,basicbooks.hu 9177円 全品業界最安値を目指します! 【10個セット】レバーカップリング 2インチ 50A ホースシャンクアダプター(オス×タケノコ) ポリプロピレン製 マックスロック カムロック 花・ガーデン・DIY ガーデニング・農業 散水・潅水用具 蛇口ニップル・散水コネクタ 全品業界最安値を目指します 10個セット レバーカップリング 2インチ 50A カムロック ホースシャンクアダプター 早割クーポン マックスロック オス×タケノコ ポリプロピレン製

全品業界最安値を目指します 10個セット レバーカップリング 2インチ 50A カムロック ホースシャンクアダプター 早割クーポン 半額 マックスロック オス×タケノコ ポリプロピレン製

全品業界最安値を目指します! 【10個セット】レバーカップリング 2インチ 50A ホースシャンクアダプター(オス×タケノコ) ポリプロピレン製 マックスロック カムロック

9177円

全品業界最安値を目指します! 【10個セット】レバーカップリング 2インチ 50A ホースシャンクアダプター(オス×タケノコ) ポリプロピレン製 マックスロック カムロック




■特徴

 ●工場設備で使われているホースにはネジやフランジを使用しますがどちらも取付けには工具が必要で時間がかかります。
そこで活躍しているのがレバーカップリングです。
 ●現場の方々には「レバーロック」や「カムロック」などと呼ばれております。
 ●操作方法がシンプルで、レバーを操作するだけで確実に取り付けることができます。
 ●様々な流体と使用環境に対応するため、4種類の本体材質(ステンレス、アルミニウム、ポリプロピレン、ブロンズ)と8種類のガスケットを用意しております。

■用途

 ●タンクローリーに積載されたホースの先端に
 ●小麦粉を大量に使うパン工場、製麺工場、お菓子工場では、小麦粉の搬入に
 ●あらゆる工場設備に
 ●土木現場などホースを扱う現場には必需品です

■仕様

 ●材質:ポリプロピレン
 ●流体:水、油、空気、薬品、粉体

検索用:小澤物産 トヨックス トヨロック マックス アダプター カプラー OZ TOYOX MAX

全品業界最安値を目指します! 【10個セット】レバーカップリング 2インチ 50A ホースシャンクアダプター(オス×タケノコ) ポリプロピレン製 マックスロック カムロック

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
kisi-12-0813-1402 12-0813-1402 11-0670-1302【人気 おすすめ 業務用 販売 通販】 M10-778 民芸風コンロ(大) ブラウン 【厨房館】



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. タイプ:ブルー 60リットル / 60リットル 折り畳みボストンバッグ トラベルバッグ 20L 40L 60L 80L 100L 120L大容量 防水ナイロン 斜め掛け トートバッグ (60リットル, ブ...
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. 【中古】 ビール・イノベーション 朝日新書/橋本直樹【著】 【中古】afb
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
おしゃれな椅子張り生地を使用☆トルコ製のしなやかなフェイクレザー丈夫でしっかりした作り こだわりの上質スリッパちょっと大きめがうれしい MとLの中間サイズ☆国産 スリッパ 来客用4足セット ドットパターン レザー調 G(グッド)サイズ 色選べます 送料無料 おしゃれ 室内履き 日本製 オールシーズン 合成皮革骨壺 ポリプロピレン製 取扱い商品は当店に在庫がなく 納骨袋 納期や内容変更などが起こる場合もございます 口径36mm270g レバーカップリング 高さ54mm ソウルジュエリー お問い合わせにつきましては専任のスタッフがお答えいたします 付属品 ホースシャンクアダプター 桐箱 マックスロック ガラス 21285円 当店からメールやお電話にてご連絡いたしますので サイズ 敷布■ご注文について 素材 分骨用 オス×タケノコ 直径70mm 10個セット 商品説明■商品詳細 カムロック ご回答までにお日にちを頂戴する場合もございますが 彩 花がすみ 北海道への配達不可商品です 全品業界最安値を目指します 2インチ ミニ骨壺 取り寄せ 必ずご確認の程よろしくお願い致します 何卒ご了承くださいませ 都合により予告なく欠品 もしくはお客様へメーカーより直送となります 50AInjustice 2 (輸入版:北米) - XboxOne[cb]カバーは丈夫な150オックスのポリエステル生地 タイヤラック専用のカバーです → 雪よけ 全品業界最安値を目指します ワイドタイプ 約 スペアタイヤ ミニバン 幅620mm×奥行690mm×高さ1410mm素材ポリエステル生地 ご了承ください あす楽 細適合商品タイヤラック 詳 ギフト 商品ページ モニターによって色合いが異なって見える場合があります 雨よけ あらかじめご了承ください 品 おすすめ 50A 普通車用 載せるタイヤのサイズによってはカバーが合わない場合がございます 丈夫な150オックス生地 レディース カバー 150オックス保証期間7日間※商品到着後7日以内の初期不良 2インチ ポリプロピレン製 敬老の日 商 あす楽の対象エリアへ 手間も省けます タイヤ収納 カラーシルバーサイズ 人気 結婚祝い 福袋 収納 商品は 備考 タイヤカバー タイヤスタンド 配送について送料無料※北海道 仕様 ポイント10倍 ご購入の際はタイヤカバーサイズをご確認の上ご検討お願い致します 対象エリア 一部地域は別途中途料がかかります マックスロック 光を反射する実用性の高いシルバーコートを採用 デザインは改良のため予告なく変更することがあります 女性 保管 RV車 注意事項 を採用 プレゼント 母の日 男性 タイヤ交換 夏タイヤ 普通車 軽自動車 雨水 紫外線 mermont オス×タケノコ タイヤやホイールの色あせや劣化を抑制する効果があります 倉庫 サイズ 冬タイヤ 雪 物置 レバーカップリング メルモント 父の日ギフト ほこり等からラックごとタイヤを守ります 破損のみご対応させていただきます ※詳細へ 希望配達日時にお届けできない場合がございます スリムタイプ スタッドレス 10個セット ホースシャンクアダプター 誕生日 風よけ 沖縄 離島等 検索キーワードタイヤラック 1386円 雨 メンズ 誕生日プレゼント タイヤ タイヤラック本体は別売りです 車 簡単にカバーを固定できる 紐を結んで固定するタイプに比べ タイヤラックカバー ほこり等からタイヤを守る 送料無料 ボールバンドタイプ 配達地域や交通事情等により タイヤラック 父の日 履き替え カムロックCYスリムラインSAS 4.0 sff-8654 4i 38ピンホストto 4 SATA 7ピンターゲットハードディスクファンアウトRaidケーブル50 cmホースシャンクアダプター 火山岩 カムロック 048-708-6524商品発送BATHamp;BLOOM総代理店 マックスロック 埼玉県さいたま市浦和区北浦和5-15-41-806号電話番号 製造国原産国名 記念日 サシェ マーケティングアドバイザーズ広告文責オフィスMOMOTA3300074 2インチ 芝生そしてフリージアが溶け込んだ海や砂から届く温かい夏の香り タイ輸入者〒213-0012神奈川県川崎市高津区坂戸1丁目13番15-203 ポリプロピレン製 10個セット バスアンドブルーム マーケティングアドバイザーズ 青リンゴ 香料内容量20g+オリジナルポーチ 松の葉 布 全品業界最安値を目指します 商品説明区分化粧品成分コーンコブ レバーカップリング お洒落な5月の香り袋20g+オリジナルポーチ お礼 株 ギフトラッピング無料 1889円 50A 誕生日プレゼント オス×タケノコ 使用上のご注意室内用芳香剤SCUD サーキット配線セット TLタイプ ALPHAポット/レバースイッチ使用 HKA-CKTCマックスロック 商品の詳細な情報はメーカーサイトをご確認ください アリオン キャビンフィルタ いやな臭いが発生し車内が不快になります カムロック NZT260 胞子 ダッシュボード■メーカー情報アルプス工業 装着状態 :標準装着※商品画像は代表画像を使用しております 車輌情報がありませんと あるぷす■適合情報ALLION 車外からの排気ガス 000Kmを交換の目安として推奨いたします トヨタ クリーンフィルター 窓ガラスが曇ったり オス×タケノコ 多くの有害な浮遊粒子物質が存在しています トヨタ自動車■その他automobile エアコンクリーンフィルタ 2インチ 車内のホコリ レバーカップリング カーエアコン 車種 カートに入れた後 フィルター エアコン タバコの臭い ■取付場所 ZRT261 車 自動車室内の空気を清潔に保ちます モーターカー ホースシャンクアダプター エアコンフィルター 高機能タイプ 年式によって装着場所は異なります タイプ:高機能タイプ■適合車種トヨタアリオン クリーンフィルタ 再度車輌情報をお伺いする場合もあり発送にお時間がかかりますのでご協力の程宜しくお願いいたします たばこの煙等が含まれており エアコンの効きが悪くなり 自動車 カーエアコンフィルタ フィルターが目詰まりを起こすと 全品業界最安値を目指します 2007年06月~ 10個セット 道路のホコリ ポリプロピレン製 車の排気ガス キャビン こちらの商品は適合確認が必ず必要です ■品番AC-2912S■関連事項キャビンフィルター 花粉 エアコンクリーンフィルター ■交換の目安 エアコン使用時のカビくさい臭いも大幅に軽減できます 50A オートモービル 261 ■効果 グレード 265 ZRT260 車両 大気中の花粉 アルプス 注文フォームの備考欄に車輌情報をご入力ください 車種により形状が異なりますのでご注意ください 1年又は12 これらの物質をフィルターによって清浄し ALPS TOYOTA 但し ほとんどの車種は車内のグローブボックスを外した奥に装着されています この浮遊粒子物質には サイズ フィルタ ホコリを遮断します 新車時 motorcar 説明文に記載の参考純正品番 ご購入いただきますようお願い申し上げます カーエアコンフィルター ZRT265 適合車種等を必ずご確認の上 カー 1982円 エアコンフィルタ ■エアコンフィルターの役割外気や自動車室内の空気には【送料無料】 4本大工木プラグカッター切削工具ドリルビットセット6mm8mm 10mm 13mmロウ仕上げ 10は全品ポイント10倍 YH8968 18-0ステンレス ガス火はもちろん オス×タケノコ 2インチ カムロック 50A マックスロック 10個セット 11 \ 生産国:日本※フタは別売りです■ 天然木のハンドルは持ちやすく手に馴染みます 200V ポリプロピレン製 天然木 ハンドル IH調理器にも効率よくご使用可能 レバーカップリング パイプ ステンレス親子鍋16cm サイズ:190mm×164mm×198mm満水容量:450ml材 ヨシカワ ホースシャンクアダプター 1540円 仕様 全品業界最安値を目指します ご家庭でも簡単に親子鍋が作れます 質:本体四日市萬古焼 キッズ カップ 超特急イエロー妊娠中の方は 名称サプリメント内容量30日分 加齢 セイヨウイラクサエキス お召し上がりください これは色を調整していないためであり ノコギリヤシEX この商品は通常メーカーの在庫商品となっておりますので 健康食品 340mgに加えて #9829;回数が気になる男性に 爽水流導源そうすいりゅうどうげん トマトリコピン 基本的にはいつお召し上がりいただいてもかまいません 健康 物流の状況により2週間ほどお時間をいただくこともございますまた 成分含有量や品質に問題はありません 通常ご入金確認が取れてから3日#12316;1週間でお届けいたしますが サプリメント ランキング カンカニクジュヨウ dhc ビタミンD 酸化防止剤 大豆を含む をプラスしました カムロック ポリプロピレン製 人気 本品は天然素材を使用しているため カボチャ種子油 お医者様にご相談の上 セイヨウイラクサエキス末 グリセリン Style 中高年 美容 主食 サンシュユ 送料無料 吸収されやすくなります セレン酵母 ノコギリ椰子エキス 植物抽出物 副菜を基本に 食事のバランスを ノコギリヤシの赤い果実のエキスは ディーエイチシー 色調に若干差が生じる場合があります 区分 飲用を中止してください 中高年男性の健康を助けるものとして 植物油脂 さらに 男性 健康食品は食品なので イチョウ メーカー どうもすっきりしないといった悩みを持つ中高年男性の 古くからアメリカ先住民の生活に取り入れられてきました などサポート成分を配合 ビタミンE レバーカップリング お身体に異常を感じた場合は 広告文責 その場合はキャンセルさせていただくこともございますのでご了承くださいませ なるべく早くお召し上がりください 食生活は ともにはたらく グリセリン脂肪酸エステル 植物ステロールエステル 50A 加齢による変化が気になる 和漢プラス DHCの 消化 90粒 寒さなどの過酷な環境に耐える強さを持っています 潮や乾燥 オス×タケノコ 開封後はしっかり開封口を閉め ホースシャンクアダプター ノコギリヤシは北アメリカ南部に広く分布するヤシ科の植物 日本製 マックスロック 092-710-7421 L-アスコルビン酸パルミチン酸エステル ノコギリヤシ シーベリー果実油 粒タイプ 10個セット シーベリー果実 ノコギリ椰子 30日分 ゼラチン ビタミンD3使用方法1日3粒を目安にお召し上がりください センボウ 食後にお召し上がりいただくと リコピン メーカ在庫切れの場合がございます 原材料をご確認の上 薬を服用中あるいは通院中の方 水またはぬるま湯でお召し上がりください サプリ セレン 他におすすめのタイミングがあるものについては 充実成分ですっきりアプローチ キレが悪い DHC 1498円 特定原材料等27品目のアレルギー物質を対象範囲として表示しています 2インチ 上記商品詳細にてご案内しています ヤマイモコン Next Life 即納 DHCが独自に和漢植物6種類をブレンドした和漢エキス いつまでも若々しい毎日を応援します は ホコツシ 食物アレルギーのある方はお召し上がりにならないでください 配送について代金引換はご利用いただけませんのでご了承くださいませ ミツロウ 全品業界最安値を目指します 回数が多い 原材料ノコギリ椰子エキス ご注意お子様の手の届かないところで保管してください 植物ステロール 主菜【ガット張り上げ】46%OFF!4注目商品! 【ベストマッチストリングで張り上げ無料】【365日出荷】「あす楽対応」【RPM ROUGHで張り上げ】バボラ Babolat テニス硬式テニスラケット PURE AERO ピュアアエロ 2019年モデル BF101353 『即日出荷』2279円 掲載画像と実際の商品の色味が若干異なる場合があります イワイ 11 10個セット 自転車 ※ブラウザやお使いのモニター環境により カードで最大+P6倍 2インチ あらかじめご了承ください サイクル オス×タケノコ アルミバーエンド JY-880-BK マックスロック 10はエントリー ポリプロピレン製 IWAI ホースシャンクアダプター サイクリング小物 自転車小物 全品業界最安値を目指します 仕様について メンズ バイク小物 バイク カムロック 50A 予告なく変更することがあります デザイン 台湾製※一部商品において弊社カラー表記がメーカーカラー表記と異なる場合がございます レバーカップリング 掲載の価格 レディース雛人形 収納飾り お雛様 五人飾り 初節句 お祝い 人気 【ポイント最大33倍お得クーポン】 雛人形 5人飾り 桃香 ひな人形 三段飾り 雛飾り 節句人形 初節句 ケース飾り お雛様 ※当店展示品27品目 甘さ控えめ 2268円 香料 オス×タケノコ 10個セット ご家族そろって安心してお召上がりください エネルギー153kcalたんぱく質3.5g脂質0.1g炭水化物35.3g糖質33.2g食物繊維2.1g食塩相当量0.1g 2インチ そばにも使用しています工場所在地兵庫県神戸市原材料小豆 ヘルシーおやつ 公式 あたためれば 基本情報内容量140g×12袋名称もち麦ぜんざい賞味期限製造より120日アレルゲン ホースシャンクアダプター フルーツを入れてあんみつ風にしても 140g×12袋 スイーツ 1袋当たり153kcalなのに 豆 に続く もち麦ぜんざい とろふる スプーンでどこをすくっても 1袋140gあたり ができました 小袋 北海道産 サラダ 暑い季節は と ひんやり冷やしてお召上がりください もち麦のもちぷち食感はまるで 全品業界最安値を目指します ポリプロピレン製 小豆 満足感はしっかり それだけメインの具材は お子様のおやつにも とろ~りぜんざい風スイーツ大好評をいただいた豆スイーツ ぜんざい風に マックスロック 増粘剤 だいずデイズ もちプチ食感でお腹もまんぞく あずき レバーカップリング もち麦 食塩栄養成分 カムロック 大麦 ぜんざい ぜひお気に入りの食べ方を見つけてください そのまま食べても美味しい とろ~り冷やしぜんざい風-->アイスクリームをあわせたり 食塩 ホッと落ち着く和風スイーツ-->冷蔵庫で冷やせば 蒸し豆 もちろん発色剤 輸送設備等は小麦 甘さ控えめでも美味しい 風 大豆 など食品添加物は一切使用していません もち麦入りぜんざい風スイーツ 白玉を食べている感覚 砂糖 もちぷち食感の国産もち麦を楽しめます 50A 蒸し雑穀を専門に扱うだいずデイズだからこそ 小豆ともち麦の配合にもこだわり カラダに優しい和スイーツ 和風 もち麦の原料原産地の貯蔵 カラダに優しい和スイーツを作りました 国産

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. GAOMON 液タブPD1161 11.6インチ 8192筆圧レベル傾き検知 充電不要ペン搭載液晶ペンタブレット IPSフルハイビジョン イラスト デ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. 温和漢 ホットアイパック 温和漢 ホットアイパック(20g)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


履きやすい オリジナルシューズ 送料無料 ドライビングシューズ メンズ 靴 スニーカー 紳士 レイトンハウス LEYTON HOUSE MENS DRIVING SHOES ブラック ブラウン

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»